日本酒,体に良いお酒

日本酒は栄養価が物凄く高いお酒

日本酒といえば、嗜好品というイメージが強いですよね。好きな人が飲む、っていう感じなので、苦手な人は敬遠してしまいますよね。そんな日本酒ですが、お酒の中で健康効果が大きいのは日本酒と言われています。日本酒は、醸造酒です。醸造酒は、原料と発酵により出来上がる栄養成分が含まれています。醸造酒の中で特に日本酒には栄養成分がとても多く、700種類もあると言われています。アミノ酸は、ワインの10倍以上もあると言われています。ワインよりも日本酒の方が、断然体に良いと言えます。

日本酒といえば、嗜好品というイメージが強いですよね。好きな人が飲む、っていう感じなので、苦手な人は敬遠してしまいますよね。そんな日本酒ですが、お酒の中で健康効果が大きいのは日本酒と言われています。日本酒は、醸造酒です。醸造酒は、原料と発酵により出来上がる栄養成分が含まれています。醸造酒の中で特に日本酒には栄養成分がとても多く、700種類もあると言われています。アミノ酸は、ワインの10倍以上もあると言われています。ワインよりも日本酒の方が、断然体に良いと言えます。

日本酒は体に良い

日本酒には、様々な成分が配合されているので、あらゆる方面で役立ってくれます。日本酒は発酵されて作られるので、乳酸菌がタップリ含まれています。善玉菌が増えるので、腸内の環境が良くなると言われています。腸の中が綺麗になると、美肌にも役立ってくれますので、女性には嬉しい効果です。鼻プチで鼻を高くしている人にもうれしい効果と言えますね。更に癌や心臓疾患など大病の予防にも効果がると言われており、摂取する事で健康に導く事が出来ると言えます。アレルギー抑制にも、効果を発揮してくれると言われています。

血行が良くなる

日本酒には、血管を拡張させるアセトアルデヒドが、他のお酒に比べて多く含まれています。他のお酒より体が温まり、持続させる事が出来ます。特に女性は冷え性の方が多いので、日本酒を取る事は良い事と言えるでしょう。体が温まると美容効果も高まり、肌のツヤが良くなって綺麗になっていきます。肩こりや腰痛の緩和も出来るので、動きも快適になります。血流が良くなる事で丈夫な体にもなりますので、老化防止にも役立ってくれます。

日本酒の間違った知識

日本酒は、良くないイメージもあるようですが、間違った情報もあります。日本酒は、太りやすいイメージがあると思います。しかし、お酒のカロリーは脂質や糖質よりも先に放出されると言われています。体内には残りにくいカロリーと言えるでしょう。また、日本酒は悪い酔いしてしまうイメージもあると思います。日本酒はアルコール度が高いので、確かに酔い易いと言えます。しかし日本酒だからという事ではなく、酔い方は他のアルコール度が高いお酒と同等です。

日本酒をお風呂に入れてみよう

日本酒を入れて入浴する方法がありますが、様々な良い効果があると言われています。日本酒を入れる事で、体が温まりやすくなります。血圧が安定すると言われており、入浴する事で血圧が上がる症状を抑えてくれます。また、日本酒が入ったお湯に浸かる事で、肌が綺麗にしっとりしていきます。弱酸性になるので、滑らかになり肌触りが良くなっていきます。湯上りもさっぱりで、サラサラの肌になります。お風呂に入れる量は、コップ3杯程度で良いと言われています。高い日本酒でも安価な日本酒でも、その効果は変わらないと言われていますので、スーパーに売っている安価な物で良いでしょう。その後、お湯をかき混ぜるだけで完成です